読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トークスキル上達への道

会話術について書いていきます。

言葉だけのやりとりの会話と気持ちのやりとりがある会話との違い

f:id:takeyamasatoru:20161125131159j:plain

言葉だけのやりとりの会話と

 

気持ちのやりとりがある会話は

 

大きな違いがあります。

 

まず、

 

言葉だけのやりとりの会話をみていきましょう。

 

<!--言葉だけのやり取りの会話-->
A今日野球を見に行ってきたんですよー

 
Bどちらのチームでしたか?

 
A巨人対阪神です。

 
Bどっちが勝ったんですか?

 
A今日は巨人だったんですよ。

 
Bそうでしたか。

 
A何対何ですか?

 
B8対5ででしたね。

 
Bピッチャーは?

 
Aエースだったんですけどね。エースで負けて痛かったですね。

 
Bそうでしたかー。

 
Aはぁーい

<!--/言葉だけのやり取りの会話-->
良くありがちな会話です。
 
ただの質問なのでどんどん会話が縮まっていく感じがします。
 
先細りですし、気持ちが分かってもらえなかった。何とも空しい会話です。
 
 
 
 
これに比べて気持ちがしっかりやりとりできている
会話はどうでしょうか?
 
<!--気持ちのやりとりがある会話-->
A今日野球を見に行ってきたんですよー。
 
B野球をー。 いいですねー。
 
A2年ぶりだったんですよ。
 
Bお久しぶりだったんですねー。
 
Aそうなんですよー。実は巨人軍のファンなんですけどー。
 
Aそれまで私が見に行くとー。3連敗でー。
 
B3連敗!
 
A行かない方がいいかなぁーって。
 
Bああ、そうか、思いますよねー。
 
A思ってたんでー。今日は2年ぶりに行ってみたんですよー。
 
Bもうそろそろいいだろうーと。
 
Aそうそうそうそう。
 
B今日はどうだったんですか?
 
A今日で3連敗になりました。
 
Bあぁーそうですかー(><)記録更新~
 
Aねぇー。
 
<!--気持ちのやりとりがある会話-->
 
となるようなかんじです。
 
全然違いますよね。
 
話してる方は
話した相手から ちゃんと反応が返ってくる といういい反応です。
 
いい反応を受けると 話が何倍にも広がる感じです。
 
あれもあった
 
これもあった
 
となり、 しゃべりやすい人は反応がいいんです。
 
楽しいことを人に話すと
 
やっぱり楽しかったんだと再認識します。
 
自分の中で楽しい気持ちがおおきます。
 
逆に
 
嫌なことを人に話すと
 
嫌なことを相手に話すことによって
 
もんもんとした気持ちが解消されます。
 
自分の中で辛い気持が小さくなります。
 
気持ちのこもった会話をすると
 
こんなに良い効果があるんです。
 
聞き上手な人に話すとこれだけ、気持ちいいんです。
 
言葉だけのやり取りは
 
情報だけのやり取りなので
 
どんどん話が縮小していきます。
 
5W1Hの会話というやつですね。
 
When いつ
Where どこで
Who  誰と
What 何を
Why  何故
How  どのように
という会話だけだと 
 
なんだか つまらないです。
 
慣れないうちは5W1Hでもいいとおもいますが
 
反応をよくして
 
気持ちを投げかけるようにしていくと
 
気持ちのやり取りができる会話ができるようになるので
 
意識を変えていきましょう!