読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トークスキル上達への道

会話術について書いていきます。

まんがでわかる伝え方が9割 佐々木圭一 ネタバレ






f:id:takeyamasatoru:20170503234655j:plain

この本は雑談関連・話し方関連の本とはちょっとちがうかもしれません。

しかし、

言葉を伝えるうえで知っていれば

人に何かを頼むときに

伝え方を変えるだけで

人がいうことを聞いてくれる成功率が上がったりします。

心理学の要素もあるのかなと思います。

また、

僕は伝え方が9割(漫画版ではない方)を読んだことがありますが

漫画版が出たということで内容が気になって購入しました。





内容紹介


内容紹介

「恋人ができた」


「プレゼンが通った」…喜びの声続々!

人生が一変すると話題の

『伝え方が9割』シリーズに
まんが版がいよいよ登場!

シリーズ90万部突破のベストセラー

「伝え方が9割」のまんが版。


舞台はかつて一世を風靡した女性誌『BB(ビービー)』。

営業部から念願の編集部へと異動した舞だったが、

「いつかは編集長になって社会を動かすようなトレンドを生み出す」

という夢を抱きながらも、

わがままな女優に振り回されたり、

モデルの説得に苦労したり、

デザイナーに手直しを却下されたりと思い通りにはいかない日々を過ごしていた。


そんな中、

ある日立ち寄った書店で『BB』にダメ出しを続ける謎のオネエと遭遇。

あまりに的を射たダメ出しの数々にぐうの音も出ない舞。

そんな舞の姿を見たオネエ、

マリアは、

舞に「伝え方ひとつでノーをイエスに変えることができる」とアドバイス

最初は半信半疑のまま、

マリアの言う通りに

「伝え方」

を変えていく舞だったが、

実践するうちにどんどん結果が出始めて……。

楽しみながら読み進めていくうちに、

「ノーをイエスに変える技術」

「強いコトバを作る技術」

が自然と身についていく実用面もさることながら、

主人公の舞が思い通りにいかない毎日に四苦八苦している姿に共感したり、

オネエのマリアから突きつけられる言葉の数々に思わずクスリとしたり、

ときにはドキリとしたり……と、読んでいるだけで元気になれる1冊です。

すでに

『伝え方が9割』

『伝え方が9割 2』

を読んでいる人にも、

はじめて

『伝え方が9割』シリーズを読む人にも楽しめるような内容となっております。


人を怒らせない話し方 46のルール

人を怒らせない話し方 46のルール



本の内容は

基本的なテクニックは文章版とおなじです。

3つのステップがあります。

ステップ 1 自分の頭の中をそのままコトバにしない

ステップ2相手の頭の中を想像する

ステップ3相手のメリットと一致するお願いをつくる
これが基本のステップです。


これを応用した


ノーをイエスに変える技術が下記のような感じになります。

①デートしてください。

⇒「驚くほど美味しいラーメンはどう?」

相手がラーメン好きだったら

ラーメンが食べたいからという口実で誘うから


解説

断られる確率が下がるんです。

②選択の自由

デザートはいかかですか?

⇒「フルーツタルトとマンゴーアイス、
  
  どちらがいかがですか?」

解説

自分で選ぶことによって押し付けられた感をなくします。

これは、相手と約束するとき、

土曜日と日曜日だったら比較的どちらが暇?

みたいに使えば使えます。

これはよく約束を取り付けるとき使ってました^^

③認められた意欲

残業お願いできる?

⇒「きみの企画書が刺さるんだよ。
  お願いできない?」

解説

相手の承認欲求をみたすことによって

頼み事をしたときに引き受けてくれる確率が上がる




④あなた限定

 会議に来てください。

⇒「他の人が来なくても、

  〇〇さんだけは来てほしいんです」

解説

あなた限定は

飲み会なんかで〇〇さんが来ると楽しいし!盛り上がるんだよなー」って時に使います。

⑤チームワーク化

 飲み会の幹事やって

 ⇒「いっしょに、幹事しよう」

解説

ちょっと太ってきたから一緒にダイエット頑張ろう!とかとすると
相手も頑張ってくれます。



⑥嫌いなこと回避

芝生に入らないで

⇒「芝生に入ると、農薬のにおいが付きます」

解説

相手の嫌なこと=農薬のにおいが付く

相手の好きなことの逆バージョンの使い方ですね。



⑦感謝

これからも教えてください

⇒「これからも教えてください。ありがとうございます!」

解説 

人って感謝から入ると 断りにくくなるものなんですね。


ありがとう! の前に

相手の名前をいうのをいうとさらに効果的です。


これらのことが漫画でシーンごとに解説されているので すごい分かりやすいです。

女性誌の編集部で働く女性が主人公なのですが、

締め切りに間に合わないときは

頭の中でそのまま ストレートに

もうちょっと待ってくれませんか?


と言葉にして相手に伝えるより、

クオリティを上げたいんでもうちょっと粘らせてもらえますか?


といった方が 成功率が上がるんです!


文章版もよかったですが、漫画版のほうがよりシーンが伝わるので非常にわかりやすかったです。


大げさかもしれませんが、


伝え方が変わるだけでノーがイエスになる確率が上がるので

人生が変わることもあるかもしれません。


好きな子に今度デートしてよ!っていうより

すごい美味しいスイーツの店ができたんだけど行ってみない?

っていった方が伝わりますよね!


下心もみえないですしね。


もう1つは

強い言葉を作る5つの技術

というのがあるのですが これはキャッチコピーとかを作る人が使える方法ですが

今回は割愛しますね。


僕は漫画も漫画でない本もよく読みますが

漫画って絵があってシーンが頭にすぅーっと入ってくるので

良いモノですね!



まんがでわかる 伝え方が9割

まんがでわかる 伝え方が9割