トークスキル上達への道

会話術について書いていきます。

マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方  野口敏著






f:id:takeyamasatoru:20170811193927j:plain






内容紹介


内容紹介

ベストセラー

『誰とでも15分以上 会話がとぎれない話し方 66のルール』

をさらにわかりやすく紹介しているのが本書。

会話をするときに、

自分と相手の気持ちに目を向けて、

「気持ちのキャッチボールをする」

というシンプルな方法で会話がドンドンふくらむコツをマンガでわかりやすく紹介しています。

1話読むごとに、会話力が身について会話についての悩みが吹き飛びます!

出版社からのコメント

会話は人間関係を築く上で欠かせないもの。

会話への不安を取り除き、

もっと気軽に話せたら、

毎日が充実してきますよね。

ところで、

ふだんあなたはどんな話し方をしていますか。

次ページをご覧いただき、

ご自身の話し方のスタイルを点検してみてください。

さて、いかがでしたか。

一方は、

相手の話をじっくり聞くことからはじめて、

興味関心を示すパターン。


もう一方は、

どんどんネタを振りながら、

自分の話を続けるパターン。


あなたは、

どちらのパターンで話をすることが多いですか。

本書でお伝えするのは前者の方法!


つまり相手の話に興味を示しながら、

ムリせず自然に会話をふくらませていくというやり方です。


これなら、

相手が好む話題をあれこれ考えたり、

話をふくらませるテクニックをたくさん駆使したりしなくても大丈夫。


どんな相手ともムリをせずに、


自分のペースで会話をはずませていくことができるようになります。


マンガでわかる!  誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方

マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方




マンガでわかるシリーズに

ついに野口敏さんのベストセラーの本

誰とでも15分以上 会話が途切れない!話し方

がでました。

野口さんの書籍はほぼ全部購読しているのですが、

誰とでも15分以上の内容は

読んでからかなり時間が経っているので

半分忘れているかもしれないと思い、

復習のつもりで読みました。


誰とでも15分以上 会話が途切れない!話し方は

文章でもすごくわかりやすい本でしたが、

マンガになるとより一層、

頭にスーッと入ってきますね。


さて、

本の構成ですがこの本は大きく分けて

7章で構成されています。


1章 この「聞き方」でどんな人とも会話が続く!

2章 会話がドっとふくらむ! 話題選びのコツ

3章 相手がドンドン話してくれる 「質問のコツ」

4章 会話が途切れそうなときのワザ!

5章 人の輪にスッと入れる話し方

6章 いい関係がはじまる! とっておきの話し方


7章 困ったシーン別・会話レッスン

という構成です。


話の流れは

カフェを経営している女性店長ヒトミの元に

話し方の事で

悩んでいる 

2人の

男営業マン竹本サトシ(23)

女アパレル会社勤務(26)


ヒトミ店長にこんなことで悩んでるんです~

と相談すると

こんな時は

こう話すのよ~

とアドバイスをする感じで漫画はスタートしていきます。


文章が苦手な人でも漫画で解説してくれるので

理解しやすいと思います。


全体を通して分かるのは

こんな時に

こんなフレーズが有効っていう事も書いてありますが

会話は

言葉のキャッチボールではなくて


会話のキャッチボールという事を全体を通して分かります。


こんな時 

話し手(聞き手)はどんな気持ちなんだろう。

という事さえ理解できていれば自然に言葉は

出てくるんですよね。


僕が読んでいて

特に印象に残ったのは

4章の会話が途切れそうなときのワザ!

ですね。


相手について尋ねてみよう

という項が凄い参考になりました。


会話がこんなパターンの時です。


あなた「午後から雨のようですね。」

相手「そうみたいですね。」
あなた「持っているシャツが少なくて洗濯物が乾かないと困ります。」

相手「そうですか・・・」

あなた「平日もつように5枚は持っておきたいのですが」
相手「・・・・・・」

あなた 「なので雨が続いたり残業で遅い日が多いと困ります」

相手「そうなんですか・・・」


頑張ってここまで


自己開示して話しても

ノッてくれないときのパターンです。


解決策は1つだけあります。


それは

自分の話をした後相手に対して質問を投げかけるんです!
と喫茶店マスターのひとみさんが教えてくれます。

これを取り入れると


あなた「・・・ですから雨が続いたり残業続きの時は困ります」

相手「へ~・・・」

あなた「〇〇さんはお洒落だからきっと雨続きになっても着ていく服がなくなるなんてことはないんでしょうね」

こんなかんじですね。


さらに詳しい具体例が2つでてきます。


あなた「最近外食する機会が減りました」


相手 「そうなんだ」

あなた(自分の話)「残業代カットされちゃってよく家で発泡酒飲んでます」
相手 「へ~・・・」
あなた(質問!)「〇〇さんはお酒強そうですが平日 家で召し上がりますか?」

相手「強いというほどでもないですが平日飲みますね。 月曜日は休肝日と決めていて・・・」


さらにさらに~

あなた「休日、家にいることが多いんです」
相手 「そうなんですか」

あなた(自分の話)「平日に録画しておいたドラマを一気見したりしています」

相手「なるほど・・・」

あなた(質問!)「〇〇さんはスポーツがお好きそうですしずっと家にいるなんてことはないのでしょうね。」

相手「そうですね。実は草野球チームに入っているので週末はジムに・・・」

みたいな形にも展開します。


ポイント

■尋ね方次第で、相手も自己開示してくれる


凄い参考になりますよね!

相手の反応が悪いときは

話した後に質問をすればいい

ということなんですね。


この本は1回読むだけでなくて

1か月後

2か月後

3か月後

と読んでいくと

一層理解が深まるので読んでおくといいと思います。








マンガでわかる!  誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方

マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方