トークスキル上達への道

会話術について書いていきます。

コミュニケーション会話術 DVD講座 話すコース(ストーリー展開がうまくなるLesson3のDVD) レビュー

コミュニケーション会話術 DVD講座 話すコース(ストーリー展開がうまくなるLesson3のDVD) レビュー

f:id:takeyamasatoru:20180403070625p:plain

 

こんにちは コミュtk です。

前回の記事では

 

 

talkskill.hatenablog.com

 

 

 Lesson2の60分で話し下手解消DVDのレビューをしました。

 

ですので続きで

今回は

「ストーリー展開がうまくなるLesson3のDVD」

 

 

きづいたことや感想・内容などを書きたいと思います。

 

 話を膨らませる方法です。

 

エピソードはあなたを伝える

 

エピソードはあなたが体験した話です。

エピソードを話すとどんな人か分かるので

話された人は親しみが湧きます。

 エピソードの出来事に際して

どのような態度をとるかによって

 

 人はそれを感じて相手にあなたを伝える事ができ

親しみを感じます。

エピソードの作り方

エピソードは気持ちを中心に伝えます。

出来事が起こった順番に話をしても、相手に伝わるものは小さいです。

 

出来事1

 

出来事2

 

出来事3

 

はNG

 

です。

 

  

ひとつのエピソードで伝える気持ちはひとつ!

 

伝える気持ちを1つにします。

出来事1

気持ち1

がよいですね。

 

伝える気持ちを一つに絞ると、話が短くなってしまうと心配な人へ

 長く話せばいいというものではないです。

例えば

行動

気持ち

の1セットが3つあったら一拍の間を置いて2つ目の話をして

また一拍置いて3つ目の話めというように

ひとつの(気持ち)を終わらせてから次の話に移ります。

 

ここでもlesson1 にあった

短く話したら間をあける という伝え方を意識するとよいですね。

このやりとりがあれば、話はひとつのテーマでも長く会話が続きます。

 

話をふくらませるコツ

自分は人見知りだとかという話だけだと

聞き手は具体的なイメージを掴むことができません。 

 

しかし、

「自分は相手から話しかけられなければ自分から話すことができません。

 自分から話そうと思うと心臓がドキドキして体がこわばってしまいます。

 本当はたくさんの友達が欲しいのに自分から話しかける勇気がないので

 ますます一人の趣味に一人でできる遊びにはしりがちです。」

とか目の前に繰り広げられるドラマがイメージできるように相手に伝える事が

 大事です。

その場面を具体的に描写してもらえると、どれほど人見知りなのか伝わります。

 

自分がみたシーン、交わされた言葉、感じたこと、思ったことを、

できるだけ具体的に聞き手に伝えるように努力しなければいけません。

思ったことを言葉にする習慣をつけるとよいです

 心の中では絶えずしゃべっています。

独りごと、文句、言いがかり、自己否定、自己弁護、自暴自棄

しかし人は自分が思う楽しい言葉の数々を聞き取ることができずに、

その思いを心の奥深くへと沈めてしまっています。

「私は思わない方なんですよ」

なんていう人も多いですがよく思い出してください。

心の中では雄弁家なんです。

出来事に関して無理やり感想を持つようにしてく見てください。

練習としては

以前記事に書いたように

一番良いのがツイッターです。

思ったらすぐ呟くのが一番練習になるかと思っています。

思ったことを言葉にできると、話が膨らみ、自分らしさがあふれます。

また、+のきもちなのか-の気持ちなのかをはっきりさせてくれることで

話しの方向性が明確になります。

話しがわかりやすくなれば聞き手の反応は良くなります。

出来事だけを話すとどう反応していいか相手が戸惑うことがあります。

いやな上司とご飯に行ってきたんだよ~。(出来事のみ)

と聞かされたら だから何?というかんじになりますが

いやな上司とご飯に行ってきたんだよ~。(出来事)

最悪だよ~(気持ち)

(出来事と気持ちのセット)

を言えば

聞かされた方はだよねぇーと返しやすくなります。

 

会話を再現してみよう

 できるだけどんな会話があったのか再現できるように頑張って覚えておくとよいです。

例えば、

「うちの上司はおかしなダジャレを言うので疲れます」

抽象的にいうのでなく

「うちの上司はおかしなダジャレを言うので疲れます。この間も、

お、!いいコーディネートだねぇ。コーディネートはこーでぃねーとって言って

ました。いったいどんな顔をすればいいのかわからなくて、

本当に困りました。」

具体的なやり取りを再現しましょう。

会話が弾む元になる

そこから

話しが発展する

相手から質問が出る、

相手が話を膨らませる、

と会話が弾む元になるのが素晴らしいところです。

 再現すると話しが発展したり、話が膨らむのは

TVの再現VTRなんかが良い例ですよね。

これこれ!とかあるある!とかってなります。

また、落語とか漫才なんかでもよくありますよね。

注意点として

エピソードを語るときはオチは最後にします。

オチを始めに話すと面白くならないからです。

また、ビジネスやネットの文章を書く際は結論からまず伝えます。

「会話の再現」または「思ったことの描写」で会話を終わらせると、

話が上手に聞こえます。

受けなくてもダラダラと話を続けずにビシっと終わらせてしまいましょう!

 

さあなたを見つけよう

自分のエピソードをたくさん見つけましょう。

私は他人の目が気になってしょうがない。

 だって〇〇のとき△△が気になって仕方がない。

私はマイペースだ。だって〇〇なとき△△してしまったことがあるから。

 

のようにそれぞれのエピソードを見つけてください。

これも抽象的ではなく具体的なのがよいです。

「私は人の評価が以上に気になります。

もし、みんなで飲み会に行っているときに、自分が途中で帰ったら

   自分の悪口大会がはじまってないかとか

   極度にきになってしまうので途中で帰れないんです。」

「私はものぐさな性格です。

家にいるときはいつもパジャマに近いスェットを着ていて

宅急便屋さんがきたら慌ててジャケットを羽織って玄関に向かいます」

「私は面倒くさがりで、冷蔵庫は足で締め、タンスの引き出しはお尻で

 閉めます」

こんなことが表現できるようになれば、話題は増え、それに親近感を

感じてくれる人がいっぱいになります。

動画では練習として

自分にどんなところがあるかというのをいくつか書き出してみて

そのあとにそれにまつわる出来事(エピソード)を書き出す練習があります。

すると

私ってこんな人ですよ。

だってこんなことが

ありましたから。

というエピソードのネタが完成します。

 

 

コミュニケーション会話術 DVD講座 話すコース(ストーリー展開がうまくなるLesson3のDVD)レビュー

 

エピソードは自分自身の存在を伝えるものです。

 

人柄・暮らしぶり・人間関係が伝わることで、相手は親しみを持ちます。

ひとつのエピソードで伝える気持ちは一つ。

いくつも言うと聞き手は混乱します。 

 

エピソードは常に具体的に

①シーンの描写

②交わされた言葉(会話の再現)

③思ったこと

を話に盛り込むととても伝わりやすくなります。

心のなかで思ったことを大事にし

相手を傷つけるようなものでなければ、言葉にして大丈夫です。

 

Lesson 4ではこの生活スタイルで楽しい人になれるを学びます。

引き続きよろしくお願いします。

次の記事は

 

talkskill.hatenablog.com

 になります。

繰り返しいいますが、

 

DVD購入は下記のサイトへ

内容は気づいたことを書きましたが

DVDで動画で見て学ぶ方が文章を読むより100倍みにつきやすいです。

百聞は一見に如かずというやつですね。

www.e-0874.net